最新情報

新鮮な蟹だから・・・

新鮮な蟹だから・・・ new

カニ刺しにして冷水に浸すと、身の一つ一つがプチプチと音がするかのように広がり、綺麗な華が咲きます。
透き通った透明感は、ここにしかない鮮度の良さを表します。
口の中で白く花の咲いたプリプリとしたなんとも言えない食感とトロ~リと甘いくちどけは、活け松葉かにならではの禁断の味♪
続きは当館で・・・
ご予約はこちら↓
https://goo.gl/M4CtUv

アワビ漁も解禁になっています☆彡

祝☆彡カニ漁に続いてアワビ漁も解禁! ! new


鮑漁が12月1日から解禁となっております。
当館から見える海で採れたアワビです。
お造りかなー?踊り焼きかなー?
はたまたバター焼きかなー?って考えていると、早速、踊り焼きのオーダーをいただきました。
コッリコリの鮑を当館でお楽しみください♪
ご予約はこちら↓
https://goo.gl/M4CtUv
トロ~リ甘い !カニ刺し~蟹の花咲きの造り~

トロ~リ甘い !カニ刺し~蟹の花咲きの造り~ new

トロ~リ甘い !カニ刺し~蟹の花咲きの造り~

松葉ガニで外せないのが、お造り「蟹の花咲きの造り」です!
生きた蟹の身を冷水でさらすと綺麗に花を咲かせ、そのまま生でお造りにします。
とても淡白で、カニの繊細な甘味がお楽しみいただけます。
また、みそをくぐらせて食べると・・・
甘味とコクの両方をお楽しみいただけます。
ご予約はこちら↓
https://goo.gl/M4CtUv

伊根ブリをさっとダシ汁にくぐらせてしゃぶしゃぶ・・・

伊根ブリをさっとダシ汁にくぐらせてしゃぶしゃぶ・・・ new

冬の味覚の王者「松葉ガニ」とならび、海の京都の冬の味覚の代表とされるのが「寒ブリ」。
成長とともに呼び名が変わる出世魚で、初冬から真冬にかけて一番脂がのった時期に丹後に到達します!
荒波にもまれ身が引き締まり、最も脂がのった美味しさから、特に「寒ブリ」と呼ばれ珍重され、お刺身や鰤大根さらには、薄切りにされたブリを、さっとダシ汁にくぐらせてしゃぶしゃぶなどでお召し上がり頂けます!
小さいながら身づまりの良さが特徴です♪

小さいながら身づまりの良さが特徴です♪ new

松葉かにの雌「こっぺ蟹(セコ蟹)」は、小さいながら身づまりの良さが特徴です。
甲羅の内外に持っている卵、内子と外子が最大の魅力☆
和亭では食べやすいように身だししお出ししています。
※お1人様別途1620円でご用意しております。
※前日までにご予約願います。

すべての記事を見る